November 23,2009

ハプスブルク展

芸術の秋もそろそろ終わりとなりますが、堪能されましたでしょうか?


今年は日本がオーストリア・ハンガリーと国交を結んで140年だそうで、600年以上もの間栄華を誇ったハプスブルク家の美術品の展示会が六本木、国立新美術館で開催されていますアート


CIMG6659.JPG CIMG6665.JPG CIMG6661.JPG


そう広くない会場には、イタリアからスペイン、ドイツに至る絵画が飾られていました目

CIMG6772.JPG11歳の女帝マリアテレジア
知的で賢い良妻賢母のマリアテレジアの幼き日は、こんなにも可愛らしく、そして既にこの頃から理知的だったんですねドコモポイントぴかぴか(新しい)

こちらは私の好きな宮廷画家、ベラスケスの作品↓

CIMG6657.JPG CIMG6777.JPG

ベラスケスの絵は近くでみると筆のタッチがぐしゃぐしゃなのに
遠くから見ると肌質や衣装の細部に至る質感が本物に見える画風アート
それを是非とも見たい耳目と思っていたのに、
いざ絵の前に立つと見入ってしまって”ぐしゃぐしゃ画風”をまんまと見落としましたがく〜(落胆した顔)

CIMG6773.JPG オーストリア皇妃エリザベート

↑ハプスブルク家随一の美女エリザベート、彼女の美への執念の半端なさは有名ですよね᣶

それからこちらの作品は目の前にするともう、とても素晴らしくてぴかぴか(新しい)

CIMG6775.JPG CIMG6776.JPG CIMG6774.JPG 

そしてこちらではご紹介できないのですが、
”クレオパトラの自害”の絵と””大天使ミカエル”は
絵が生きているようで、本当に素晴らしかったですキスマーク


絵画を飾っている背後の壁がグリーンだったり赤だったりしたのですが、
深いけれど鮮やかなグリーンにゴールドの額の絵画は品が良く
それもまた見ていて刺激される空間プロデュースでした。


余談ですが、最近「空間プロデュース」の影響力に魅力を感じています黒ハート


それでは最後に
ウィーンで愛されたお菓子 ザッハートルテ黒ハート

 CIMG6648.JPG


あ、なんだか優雅な気分揺れるハート

ハプスブルク展↓
http://www.habsburgs.jp/index.html


千葉市 美容室フィーユ feuille
 アート安田 光里アート

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33821182

この記事へのトラックバック