December 01,2009

12月1日 映画の日

12月に入りましたね雪
風邪が流行っているようですが、皆様お元気で過ごされていますか?


さて12月1日は カチンコ映画の日カチンコ


近年映画館に足を運ぶことがめっきり減り。
映画好きな方は本当に早いペースで行かれるようで
その方達から映画評論を聞かせてもらうばかりです。



今年私が見た映画は
マイケルジャクソンのドキュメンタリー映画
THIS IS IT


おしまいひらめき


ちなみにその前に見た映画は2008年の
「未来を写したこどもたち」
これミニシアター系だったからか、知っている方がほとんどおらずふらふら


ちなみに映画は、大好きですぴかぴか(新しい)ドコモ提供


THIS IS ITは
本当に素晴らしく、しかしその素晴らしさを言葉を持って表すことが
どうしてもできないので記しませんが、

最近

チャップリンに心奪われちゅう雷

喜劇王と讃えられ、今もってなお、愛され続けているチャップリン、
映画の日にぴったりな人物ですひらめきドコモ提供


いやいや、お名前だけはあまりにも有名なので存じ上げておりましたが、
映画を見たら、
もう 一瞬でひきこまれ


カラーやCGがとうの昔に当たり前になって
日進月歩、どんどん新しい技法が出て来る中、
何十年も前の白黒の映画にこれ程引き込まれるなんて。。。。exclamation×2


随時流れるオーケストラの演奏が多少の違和感と大袈裟感があるものの、
CGではないチャップリンの人間離れした動きと表情とストーリー性ったら


もの凄い…


名作と言われる一作品「殺人狂時代」

物騒なタイトルの映画ですが殺人シーンは一切なく、
なんて表現が豊なのだろうと思いました。

「喜劇」を「終始面白い動きの作品」と誤解していたようで
最後の最後、死刑に処されるチャップリン扮する殺人犯の言葉を聞いたら
どちらが、一体何が 善で悪であるのか、 考えさせられました。


キスマークチャップリンの言葉キスマーク

    ”1人殺せば 殺人者
       100万人殺せば 英雄”


少々物言いが過ぎてしまいました。
失礼。

feuilleは11月29日で2周年を迎えました。
厚く御礼申し上げます。是非こちらもご覧くださいませ。
http://staff.la-feuille.info/article/33903331.html


千葉市 美容室フィーユ feuille
    カチンコ安田 光里カチンコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33987457

この記事へのトラックバック